胆石症の原因と症状

胆石の8割は胆嚢結石

胆石は肝臓で生成される胆汁の成分が胆嚢の中で形成された結石のことです。胆汁は肝臓内の胆管から総胆管へ、総胆管から胆嚢の順番で通過していきます。

肝臓内の胆管にできた結石を胆管結石といい、総胆管にできた結石を総胆管結石、胆嚢にできた結石を胆嚢結石といい胆石の8割以上が胆嚢結石です。

結石の種類は胆石の成分によって、コレステロール結石ビリルビン結石、その両方が混ざった混合結石などがあります。コレステロール結石は高脂肪な食習慣でコレステロールが単純ないに増えると発生します。ビリルビン結石は脂肪分過多や成分異常などが原因でビリルビンが固まってできます。

胆石の種類

  • コレステロール結石
    • 純コレステロール結石
    • 混成結石
    • 混合結石
  • ビリルビン結石
    • ビリルリンカルシウム結石
    • 黒色結石(色素胆石)
  • その他(極めて稀にしか見られません)
    • 炭酸カルシウム結石
    • 脂肪酸カルシウム結石

肥満の中年女性に多い胆石症

高コレステロールな食生活や過食、飲み過ぎや過労で胆石症の患者が急増しており10人に1人は胆石があるといわれています。とくに中高年の肥満ぎみの女性に多いのが特徴です。女性は更年期を迎えると女性ホルモンのバランスが崩れやすくなり血中コレステロールが高くなることが原因のひとつと考えられています。

胆石が胆嚢の出口や胆管に詰まるとみ右脇腹やみぞおちに激しい痛みがおこります。吐き気や黄疸、発熱などの症状を伴うこともあります。

胆石が胆嚢の内部で移動すると発症した激痛が一時的に治まり、食後1~2時間後に再び痛みが再発するといったケースもあります。

胆嚢結石の治療法

胆嚢溶解療法 胆汁酸剤を経口投与。コレステロール胆石を溶かす薬物療法。
対外衝撃波胆石破砕術 対外から強い衝撃波をあて、胆石を細かく破砕して十二指腸へ流出させる治療法。
内視鏡摘出術 内視鏡を十二指腸なで挿入し、先端の鉗子で総胆管から胆石を引き出す治療法。
腹腔鏡下胆嚢摘出術 上腹部に4箇所の直径5~10ミリの穴をあけ、胆嚢を摘出する手術。入院期間は3~5日程度。
開腹胆嚢摘出術 胆嚢炎や胆嚢がん、強い癒着が予想されるときなど、開腹によって胆嚢を摘出する治療法。

胆石症の予防法はコレステロール値を下げること

エビタコイカにはタウリンステロールが多く含まれており、コレステロールを下げる作用があるといわれています。

また、緑黄色野菜きのこ類イモ類海藻類には血液中のコレステロールを下げたり、脂肪の吸収を防ぐ作用があるので、毎日の食事で積極的に摂取するようにしましょう。

胆石症の予防で最も効果的なものはコレステロールを減らすことです。コレステロール値を下げるには脂肪の多い食事を減らす、食べすぎない、軽度の有酸素運動などが効果的です。有酸素運動は必ず食後1時間以上経ってから行ってください。食後1時間以内の運動は胆石発作が起こる危険性があります。

胆石症予防の食事のポイント

  • 一度にたくさん食べないように、よく噛んでゆっくりと食べる
  • 食べたり食べなかったり、絶食したりは厳禁。決まった時間にしっかり食事をする
  • 天ぷらや中華料理、ステーキなど、脂肪が多く含まれている食事は控える

シェアする