青魚のDHA・EPAで血液をサラサラにする

 

動物性の脂は常温で固形

肉や魚に含まれる脂質や食用油は、いくつかの種類に分けることができます。悪玉コレステロールや中性脂肪を増やしやすい悪玉脂質もあれば、逆に積極的に取りたい善玉脂質もあります。正しい知識を身に付けることが肝心です。

脂質を構成する脂肪酸は、大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けることができます。飽和脂肪酸は、動物の肉に含まれる脂質で、常温で固まる性質があります。ラーメンを食べた後のスープに豚肉の油が浮くことがありますね。一方の不飽和脂肪酸は、植物や魚介類に含まれる脂質のことです。

飽和脂肪酸

摂りすぎるとコレステロールや中性脂肪を増やす

  • パーム油
  • ショートニング
  • バター
  • 牛・豚の脂
  • チョコレート
  • ココナッツ
  • 生クリーム
  • チーズ

魚の油、DHAは善玉脂質

不飽和脂肪酸は、さらに一価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸に分けることができます。近年、DHAEPAなど多価不飽和脂肪酸が血管の若返りに効果があるとして注目されています。サプリでもお馴染みの成分ですね。

これらの脂質は、飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=2:3:2の割合で取るのが理想です。脂質(飽和脂肪酸)は、黙っていても多くとっています。オリーヴ油や魚介類を動物性の脂質の倍以上取るには、かなり意識した食生活が必要になります。

一価不飽和脂肪酸

悪玉コレステロールを減らす

  • オリーブオイル
  • なたね油
  • アーモンド
多価不飽和脂肪酸

血栓予防・中性脂肪を減らす

  • ひまわり油
  • 大豆油
  • コーン油
  • ごま油
  • くるみ
  • 母乳
  • レバー
  • しそ油
  • えごま油
  • まぐろ(トロ)
  • いわし
  • 太刀魚
  • さんま
  • さば
  • ぶり
  • さけ