うつ病の原因と症状

日本人の5人に1人はうつ病

うつ病とは気分が落ち込んだり、生きる力が減退していろいろな精神的、肉体的症状が現れる病気です。

スポンサーリンク
昔と違い、最近では症状の程度や症状が持続する期間によって重症と軽症に分類されるようになりました。

日本人の5人に1人はうつ病といわれていますが、不治の病ではないので、焦らずにじっくりと治療に専念することが大切です。

うつ病になりやすい人の特徴

  • 生真面目である
  • 几帳面である
  • 完全主義である
  • 周囲からの評価が常に気になる

といった性格の人は一般的にうつ病になりやすいと言われています。また、転勤や出産・育児、失恋などによる傷心、今までと違う環境に置かれた人も、うつ病になりやすいと言われています。

うつ病セルフチェック

軽症のうつ病は自分自身で病気と気付かず辛い思いをしている人もいます。一度うつ病のセルフチェックをしてみましょう。

  1. 憂鬱な気分またはイライラした気分が1日中続く
  2. 何をしても興味を持てず、楽しめない

1,2のどちらか1つでも1年以上同じような症状がある人は下記の項目をチェックしてみてください。下記の項目が2項目以上あり、1ヶ月以上毎日のように続いている場合には、うつ病の可能性があります。

  • 過食または食欲が減退することがある
  • 不眠または過眠のことがある
  • 疲労感があり、気力がわかない
  • 自尊心がなくなり、自分を責めることがある
  • 集中力がなく、物事を決断できない
  • 死んでしまいたいと思う

うつ病治療は休養することから

うつ病の治療の順番は、休養、薬物療法、精神療法です。うつ病患者の方は責任感が強い人が多く、仕事を続けている人もいますが、これではいつまでたってもストレスを減らすことができません。思い切って休養し、心身を休めましょう。うつ病の治療はとにもかくにも休養することが回復を早める一番の治療法なのです。


スポンサーリンク

薬物療法のポイント

薬物療法では抗うつ薬が治療の中心になります。最近は、副作用が少なくて抗うつ作用の強い薬も登場しています。薬物療法では処方された薬は必ず医師の指示があるまで服用し続けてください。途中で服用をやめると症状あ悪化することがあるので自己判断で中止しないでください。その他に、症状によって、抗不安薬や睡眠薬などが処方されることもあります。

不安や悩みを取り除く精神療法

うつ病は見た目では症状がわからない病気なので、家族や周りの人に理解されず、ひとりで苦しんでいる方も少なくありません。また、落ち込んでいる自分に不安を抱えることもあります。

うつ病の精神療法は、患者と医師が繰り返しカウンセリングを行なうことで、不安や悩みを取り除く治療のことです。うつ病の治療だけではなく、再発を防ぐために行われることもあります。精神療法はうつ病治療を始めたばかりの人には逆に精神的な負担になる場合もあるので、十分な休養と、薬物療法である程度、うつ病の症状が改善されてから行います。

うつ病の症状

うつ病になると自律神経の働きが不安定になり、色々な精神症状や身体症状が現れ、その症状も人によって違いがあります。

主な精神症状

  • やる気が出ない
  • 集中力がない
  • 人に会いたくない
  • 人と話したくない
  • いつも同じ心配事を考える

主な身体症状

  • よく眠れない
  • 肩こりや腰痛などがとれない
  • 息苦しく動悸がする
  • 手足がしびれる
  • めまいがする
  • 性欲が低下する

うつ病になったら

  1. うつ病は心の風邪だと思う
  2. 必ず治ることを信じる
  3. じっくり時間をかけて治療する
  4. 自殺だけはしない

うつ病の人がまわりにいたら

  1. 「頑張って!」などと励まさない
  2. 旅行や食事に誘わない
  3. 休養をとるようにすすめる
  4. 自殺をほのめかす言動を見逃さない

シェアする