胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因と症状

胃潰瘍・十二指腸潰瘍のメカニズム

胃や十二指腸は、食べ物を消化するために胃液を分泌します。胃液は食物を溶かす役割を果たすので強力な酸が含まれています。胃や十二指腸は自ら分泌した胃液から自身を守るために粘液を分泌しているのですが、ストレスヘリコバクター・ピロリ菌などによって胃液と粘液の分泌バランスが崩れてしまい、胃や十二指腸の内壁が傷ついてしまい潰瘍ができてしまうのです。十二指腸潰瘍は30~40歳代に多くみられ、胃潰瘍は40~50歳代に多く見られます。

胃や十二指腸は、粘膜層→粘膜筋板→粘膜下層→固有筋層→漿膜下層→漿膜という純に層状化されており、粘液によって漿膜まで傷ついてしまうと、胃や十二指腸の壁に穴があき、内容物が出る穿孔性潰瘍腹膜炎を起こします。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因

胃潰瘍と十二指腸潰瘍の一番の原因は過度のストレスです。そのほかにも、アスピリンインドメタシンなどの消炎鎮痛剤や大量の飲酒なども原因となります。最近では、ヘリコバクター・ピロリ菌(通称ピロリ菌)が胃潰瘍や十二指腸潰瘍の新たな原因として話題になっています。ピロリ菌は胃の粘膜の中に生息し炎症を引き起こし胃潰瘍の発症の原因といわれています。

食後や夜間に、みぞおち部分に痛みを感じる場合は胃潰瘍の可能性が高く、空腹時にみぞおちに強い痛みを感じる場合は十二指腸潰瘍の可能性があります。また、どちらも高齢になると痛みを伴わなくなることもあります。粘液による損傷が激しい場合は吐血タール便などの症状がでます。

中高年の7~8割がピロリ菌に感染

胃潰瘍を繰り返し再発する場合の原因はピロリ菌による感染です。

中高年の実に7~8割がピロリ菌に感染しているといわれています。そのうち約2~3割の人が慢性の胃潰瘍になるといわれています。慢性胃潰瘍はピロリ菌を除去しない限り完治することはできません。ピロリ除菌療法は健康保険が適応されるので迷わずに病院で適切な治療を受けましょう。

胃潰瘍と十二指腸潰瘍の治療法

胃潰瘍と十二指腸潰瘍の治療法には、薬物療法、内視鏡的治療、外科手術などがありますが、ほとんどの場合は、胃液の分泌をおさえる薬物療法をおこないます。

薬物療法を行ってから、胃潰瘍は約8週間、十二指腸潰瘍は約6週間でほとんど開腹します。服用を途中でやめたりすると再発の可能性が高くなるので必ず医師の指示に従ってください。

薬物療法の種類

胃液の分泌抑制薬 H2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)・ムスカリン受容体拮抗薬・プロトンポンプ阻害薬(PPI)など
その他の薬 胃液の酸を中和する制酸薬・胃粘膜保護薬・修復促進薬など
ピロリ菌除菌薬 プロトンポンプ阻害薬(併用療法)と抗生物質

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の予防のポイント

  • ストレス解消法を見つける
  • ゆっくりよく噛んで食べる
  • 乳製品・卵・豆腐などを食べる
  • 食物繊維が豊富な野菜をとる
  • 脂っこいものは避ける
  • 柑橘類は極力避ける
  • 禁煙する

シェアする