更年期の女性ホルモン減少を補う大豆イソフラボンの力とは

おすすめ

大豆イソフラボンに含まれるエクオールで更年期を乗り越える。大豆のプロフェッショナル、キッコーマンがお届けする更年期対策サプリが初回購入50%オフ!詳しくは公式ホームページをチェック。

そもそも更年期ってなに?

更年期という言葉は、厚生省によると下記の様に定義されています。

閉経(1年間月経がない状態)の平均年齢は、50.5歳ですが、これを挟んだ前後10年間を更年期と呼びます。

つまり閉経前後の40~60歳の間が更年期というゾーンになるんですね。そして更年期は女性であれば誰もが避けて通れない時期であるということです。更年期の期間は人によって程度の差はあれど、必ず体調の変化が起こり様々な症状が現れます。

なぜ更年期障害が起こるのか

更年期障害の原因は閉経によって女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことです。生理があり、妊娠をして出産をするという女性特有の能力を支えていた女性ホルモンが減少していくので当然ながら心身ともに何かしらの影響を及ぼすことになります。

女性ホルモンは脳からの指令によって卵巣で分泌されるのですが、出産のためだけに作用するのではなく、女性らしさを作るホルモンとして、乳房の発達皮膚筋肉自律神経などの働きにも深く関わっているのです。

男性に更年期障害がないのは、そもそも女性ホルモンの分泌量が少なく、体に与える影響も軽微だからです。言い換えれば、それだけ更年期と女性ホルモンは深い関係にあるということです。

更年期障害の症状








更年期の主な症状
  • 顔がほてる
  • 汗をかきやすい
  • 顔や手足が冷えやすい
  • 息切れ、動悸がする
  • 寝付きが悪い、または眠りが浅い
  • 怒りやすく、すぐイライラする
  • くよくよしたり、憂うつになることがある
  • 頭痛、めまい、吐き気がよくある
  • 疲れやすい
  • 肩こり、腰痛、手足の痛みがある

更年期が後半に差し掛かると、上記の症状以外に、脂質異常症や、動脈硬化心筋梗塞脳卒中骨粗しょう症などの生活習慣病を発症しやすくなる傾向が強くなります。

更年期障害を乗り越えるポイント

そもそも更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が閉経に伴い大きく減少することに起因しています。今までエストロゲンによって保たれていた体のバランスが崩れてしまうので、更年期特有の症状に悩まされるのです。

辛い更年期を乗り越えるには減少した女性ホルモン(エストロゲン)を如何にして補うか?といっても良いでしょう。

そこで注目されている成分がエクオールです。エクオールはエストロゲン(女性ホルモン)と同等の働きをする成分として更年期障害の改善に注目されています。そして、このエクオールが最も多く含まれているのが大豆イソフラボンです。エクオールは大豆イソフラボン”アグリコン”に含まれるゲニステインが腸内細菌によって代謝されることで生成されます。